カメヤマ酵母をいつ飲む?ベストタイミングは食後すぐ!

カメヤマ酵母は酵母ダイエットとしても知られており、緑色をした顆粒状になっています。

 

胃酸にも耐えることができ常温でも2年は活動することができる酵母のため、便秘にも効果があり便通を良くします。

 

また、カメヤマ酵母は約三分の一のカロリーをカットすることもできますし、体の調子を整える効果もあります。

 

酵母はワインやビール、味噌といった発酵食品を作る際に使用する微生物のことですが、酵素を発生することができるので体内の余分なものを排出するのです。

 

カメヤマ酵母は効果が現れる方とそうでない方がいるためいつ飲むとよりよく効果が現れるか、という疑問がわきます。

 

一番効果があるのは1日2回、もしくは3回、食後15分以内に飲むことです。

 

特に脂っこいものや高カロリーのものを食べたときは必ず服用すると効果が現れやすくなります。

 

もしカメヤマ酵母を飲んでいてもダイエットが成功しなかったり便秘が改善されない場合はカロリーがオーバーしすぎている可能性がありますし、逆にカロリーを制限しすぎる場合も効果が現れにくくなります。

 

運動量があまりない女性の場合、1500kcalが目安となります。

 

そのため3食の食事がどのくらいのカロリーになるのか把握することも大切です。

 

3食きちんとバランスよく食べたうえで、カメヤマ酵母を服用すると効率よく体重を落としていくことができます。毎日継続して服用しないと酵母菌が働かなくなるため忘れずに服用することも大切です。

 

カメヤマ酵母に効果がない!?気を付けたい5つのポイント